悩みが減り、行動力が増す3つの方法

自己啓発

今回読んだ本は「成長マインドセット 心のブレーキの外し方」です。

この本は、悩みを減らす方法を教えてくれます。

給料が上がらない、評価されてない、やりがいが感じられない。

心にこんなモヤモヤを抱えたまま日々の仕事に取り組んでいませんか?

そんな悩みを減らすにはどすればいいのか?

結論、心のブレーキを外すことです。

人は悩むと心のブレーキを踏み、止まってしまいます。

止まっていると悩みは膨らんでいきます。

そんな心のブレーキを外し行動に集中することで、悩みは減り、行動力はグングン上がっていきます。

今回は、悩みを減らし、行動力を増やす方法を3つ紹介します。

ブレーキの存在を知る

何をするにもまずは知ることが大切です。

悩みを減らすためにも、まずはあなたが今どういう状況なのか、現状を知るところから始めましょう。

結論、あなたは迷うべきポイントではなく進むべきところで悩み、行動力にブレーキをかけているんです。

まずはそのことを認識しましょう。

下記図で見ると分かりやすいです。

このイラストのように一旦立ち止まり、悩み、考え、決断することは問題ありません。

問題なのは、こうする、その道を行くと決めたにも関わらず、その道中でブレーキを踏んでしまっていることです。

こうすると決めたら、その道を行くと決めたら、アクセルをいっぱいに踏んだほうがいいです。

もちろん、それは簡単なことではありません。

感情も絡み合い、ブレーキを踏みたくなることもあるでしょう。

ただまずは、自分がブレーキを踏むべきじゃないところでブレーキを踏んでしまっているという現状を知ることが大切です。

その上で、どうすればブレーキを離すことができるのか、を学んでいきましょう。

ブレーキを踏まない覚悟を決める

ではどうすればブレーキから足を離すことができるのでしょうか?

結論、ブレーキを踏まない覚悟を決めることです。

いやいやそりゃ口で言うのは簡単だけどって思いますよね。

その通りで、これは簡単なことではありません。

でも、覚悟を持ちやすくすることはできます。

それは、期間を決めることです。

こうするぞ!この道に進むぞ!と決めたら、期間を決めましょう。

2年、1年、半年でもOKです。とりあえずここまでは決めたやり方で迷わずやってみる。

そしてそのタイミングになったら再度ブレーキをしっかり踏み、立ち止まり、

このまま行くのか、違うやり方にするのかを考え、また決断をする。

このように期間を決めることで、道中でブレーキを踏む(悩む、迷う)回数を減らすことができます。

こうすると決断をしたら、期間もセットで決めましょう。

結果を気にしない

ブレーキから足を離す方法として、結果を気にしないことも有効です。

本書にも出できますが、「結果は選択できないが、行動は選択できる」

顧客からの評価、顧客との契約の成立など。

これらの結果はあなたが選択することはできません。

どんなに頑張っても、絶対に評価が上がる、絶対に契約が成立するなんてことはないですよね?

それは、評価や契約を結ぶということは、他者が選択することだからです。

あなたが選択できることは、行動だけです。

顧客からの評価を上げるため、顧客に契約を結んでもらうための行動だけが選択できるんです。

もっと分かりやすく言うと、あなたは宝くじを買うという行動は選択できても、当たるかどうかは選択できないですよね?

にも関わらず、多くの人はその結果を気にして、

このままでいいのかな?と悩み、ブレーキを掛けてしまうんです。

そうすると行動が甘くなり、ベストが尽くせず、結果も出なくなってしまいます。

繰り返しになりますが、結果は選択できません。だから気にしても無駄なんです。

大切なのは、こうすると決めたら一旦結果のことは忘れて、行動に集中することです。

そうすることで、思いっきり行動することができ、自然と結果もついてくるようになります。

こうすると決めたら結果のことは忘れて、行動に集中するようにしましょう。

まとめ

今回は「悩みが減り、行動力が増す3つの方法」を紹介させていただきました。

皆さんが心のブレーキを外すための手助けになれば嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【今回読んだ本はこちら】

【読書にはKindleがオススメ。理由はこちら】

サラリーマンがKindle Paperwhiteを買うべき3つの理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました