仕事に対するモチベーションを上げてくれる寓話2選&本3選

ビジネス
Screenshot

今回読んだ本は「ものの見方が変わる 座右の寓話」です。

この本は、教訓や真理を伝えてくれる寓話を紹介してくれます。

今回は本書の中から、仕事に対するモチベーションアップにつながる寓話をピックアップして紹介します。

仕事に対するモチベーションが上がらない…

あなたもこんな悩みを持っていませんか?

実は仕事に対する見方を少し変えるだけで、モチベーションはグンと上がるんです。

この記事を読めば、明日から高いモチベーションを保ちつつ仕事に取り組めるようになります。

実際私も今回紹介することを意識することで、毎日高いモチベーションで仕事に取り組めています。

今回は、仕事に対するモチベーションアップにつながる寓話を2つ、

さらにモチベーションアップにつながる本を3つ紹介します。

三人のレンガ職人

旅人が、建築現場で作業をしている人に「何をしているのか」と質問した。

一人目の作業員は「レンガを積んでいる」と答えた。

二人目の作業員は「壁を造っている」と答えた。

三人目の作業員は「大聖堂を造っている。神を讃えるためにね」と答えた。

三人とも「レンガを積む」という同じ仕事をしているのに、「何をしているのか」という質問に対する答えが異なっています。

  • 一人目は「レンガを積んでいる」というやっている作業を答えた。
  • 二人目は「壁を造っている」というレンガを積むことの目的を答えた。
  • 三人目は「大聖堂を造っている」という壁を作る目的を答え、「神を讃えるためにね」という大聖堂を造る目的まで答えた。

あなたは今日も仕事で何か作業をするでしょう。

では何のためにその作業をしているのでしょうか。

何かを作るためかもしれません。

ではその何かは何のために作っているのでしょうか。

みんなに楽しみを提供するため?みんなの困り事を解決するため?みんなに快適さを提供するため?

自分の仕事は誰のどんな困り事を解決しているのかを意識して作業に取り組むと

仕事の意義が明確になり、自然とモチベーションは上がってきます。

なぜなら自分は世の中の役に立っていると感じられ、自己肯定感が上がるからです。

あなたの作業は巡り巡って誰かの何かを満たしています。

まずはそれを明確にし、意識して仕事に取り組んでみてください。

百万分の一の命

私の友人がメキシコを訪れたときの話だ。

夕暮れ時、人影の途絶えた海岸を歩いていると、遠くのほうに誰かが立っているのに気がついた。

近づいてみると、メキシコ人の男が何かを拾っては海に投げ入れていた。

それはヒトデだった。

男は、引き潮で波打ち際に取り残されてしまったヒトデを、一つ一つ拾い上げては海に投げ入れていたのだ。

どうしてそんなことをしているのだろうと不思議に思った友人は、男に話しかけた。

「やあ、こんばんは。さっきから気になっているんだけど、何をしているのか聞いてもいいかね?」

「ヒトデを海に帰してやっているのさ。見ろよ、たくさんのヒトデが波で打ち上げられて、

砂浜に取り残されてしまっているだろう。おれがこうやって海に投げてやらなかったら、

このままひからびで死んじまうよ」

「そりゃあ、もっともな話だが、この海岸だけでも、何千というヒトデが打ち上げられているじゃないか。

それを全部拾って海に帰してやるなんて、どう考えても無理な話じゃないかな?

それに世界中には、こんな海岸が何百もあるんだよ。

君の気持ちは分かるけど、ほんの一握りのヒトデを助けたって、何にもならないと思うがなあ」

これを聞いた男は白い歯を見せてニッと笑うと、友人の言葉などおかまいなしに、

またヒトデを拾い上げて、海に投げ入れた。

「いま海に帰っていったヒトデは心から喜んでいるさ」

そう言うと、また一つヒトデを拾い上げ、海に向かって投げ入れたのだった。

もしかしたらあなたは、自分には大きな事はできないという無力感を感じているかもしれません。

人間とは困っている人の存在を知ると「自分に何かできないか」と思ったりします。

でもすぐに「自分一人にできることなんてたかが知れている。そんなことをしても、何も変わらない」と思い直します。

はたして本当にそうでしょうか。

私は小さなことでも十分意味があると思います。

100人とか1000人とかを助けられなくたって、世界中の誰か1人を助けることができれば、

それは意味があったということになります。

1人助かったということは「何かが変わった」ということです。

無力と微力は違います。

あなたは決して無力ではありません。

確かにできることはたかが知れているかもしれませんが、

そのたかが知れていることで、世界に小さな変化を生み出すことができるんです。

仕事に対するモチベーションが上がる本3選

仕事のモチベーションアップにつながる本を3つ紹介します。

働き方の哲学

やりたいこと、なりたいものが見つからず、悶々と働いている。

そんなあなたの「悶々」を解消してくれる本です。

関連記事:楽しく働く方法3選

②これからの会社員の教科書

プロの会社員としての心得を教えてくれます。

「自分はプロなんだ」って思うだけでもちょっとモチベーション上がりませんか?

関連記事:プロの会社員の心得3選

③仕事は楽しいかね

仕事を楽しむ方法を教えてくれます。

ポイントは「試す」ことです。

関連記事:仕事を楽しむ方法3選

まとめ

今回は「仕事に対するモチベーションを上げてくれる寓話2選&本3選」を紹介させていただきました。

皆さんの仕事に対するモチベーションアップの手助けになれば嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【今回読んだ本はこちら】

【読書にはKindleがオススメ。理由はこちら】

サラリーマンがKindle Paperwhiteを買うべき3つの理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました